まる。っとぶろぐ

Create Of My Dynamic Life

お片付けのK点超えを果たしました。Part1

f:id:marutime:20210215233854j:plain

 

 

 

まる。です、

 

 

普段は、恋人とのお片付けの話がメインに

なっていますが、ひっそりと私自身のお片付けも、

密かに進めていたりします。

 

 

今回は、久しぶりにお片付けで、ヒットがありました。

 

 

元々、私自身、持っているモノが少なく、

いつもは部屋の掃除や整理整頓がメインでした。

 

 

それでも、掃除をしながら、

いつもチェックはしていたので、お片付けの

アンテナはピンッと張っていました。

 

 

その中で、昨日、私のお片付けセンサーが、

「!」と反応したモノがありました。

 

 

(いつもは、彼女のモノに反応しています。。)

 

 

今回のそのブツは、スウェットでした。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by まる。 (@marutto115)

www.instagram.com

 

 

しかも、それに加えて、スウェット自体に、

「もういいかな」と、卒業する事になりそうです。

 

 

学生時代から履き始めて約10年、

 

 

特に、大学時代は、部活のチームウェアとして、

スウェットが支給されたので、毎日の様に、

ヘビーローテーションで着ていました。

 

 

着心地も良いですし、すぐに履けるし、

冬でも一枚で、越す事が出来る、優れモノです。

 

 

学生時代は、ナイキのスニーカーとシャツ、

スウェット、トミーズのボストンバッグ(inプロテイン)、

 

 

いつでもすぐに部活が出来る格好で、

ほぼ毎日、通学していました。

 

 

(こんな感じの靴や鞄でした。↓↓)

 

 

 

 

 

以前は、5年以上、同じスウェットを

大事に履き続けていたほど、好きな一つでした。

 

 

もちろん、スポーツ用の機能的で、

スタイリッシュな種類がありましたら、

また購入するのかもしれませんが、

 

 

ちょろっと、野暮ったく感じてきたのと、

 

 

何となくですが、ダボっとしたものを履くと、

生活や精神的にも、ダボっとする感覚がしました。

 

 

個人的な意見ですが、よっぽどオシャレに

着こなさない限り、端から見ましたら、

ダラしない印象も与えかねません。

 

 

「そろそろ卒業かな…」

 

 

と、心境が変化しました。

 

 

最近、恋人から、お片付けをしている時に

出てきた、新しい部屋着代わりのパンツを貰い、

 

 

ちょうど、別のモノを手放そうと思っていた事もあり、

今回、手放す事になりました。

 

 

今までは、「当たり前」に履いていたのですが、

私の中の、当たり前の常識が崩れた瞬間でもありました。

 

 

これが、お片付けの醍醐味でもあり、限界を超える、

 

 

「お片付けのK点超えや!」

 

 

と、久しぶりにヒットしました。

 

 

今までは、あって当たり前で、

「これがなければ…」と思っていた事が、

実は、なくてもいいと、

 

 

この常識を覆す感覚が、とても気持ちが良いです。

 

 

その影響で、今回は、部屋着でちょっとした

買い物に出かける事もあったのですが、

 

 

今は、たとえ5分の買い物でも、外出用に着替える様になりました。

 

 

ビシッとメリハリがつく習慣が身についてきてます。

 

 

誰に見られても、それこそ、自分自身に対して、

見られても、カッコ良く、爽やかに決める方が

精神的に、気持ちがいいです。

 

 

スウェットの様な部屋着は確かに楽です。

 

 

それで、つい怠けて、化粧をしなくなったり、

体のケアを怠る様になると、マイナス面が大きくなります。

 

 

人は、外見を変えるだけでも、内面に影響を及ぼします。

 

 

今回のお片付けは、私にとって本当に良かったです。

 

 

部屋着もアップグレードして、いつかは

シモンズの様な、シルク製の良いルームウェアに

シフトしていけばと思います。

 

 

 

お片付けを始めて5年以上経ちますが、

まだまだ奥深く、とても面白いアクティビティです。

 

 

今後も、(自称)お片付け軍曹の名に恥じぬ様、

お片付け道を、精進です。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。