まる。っとぶろぐ

Create Of My Dynamic Life

彼女の嗚咽は、ジミー大西さんでした。

 

 

 

まる。です、

 

 

私には、20歳離れた恋人と同棲しているのですが、

彼女には、とてもナイーブな一面があります。

 

 

そんなとても繊細である事に、改めて気づいたのは、

先日、彼女が歯医者に行った時の事でした。

 

 

1本の歯に違和感を覚えたらしく、治療がてらに、

クリニックへ、診察を受けにいきました。

 

 

事前に、Googleで検索して、めぼしのついた

デンタルクリニックに出かけたのですが、

どうやらそこは、商売っ気の強い所だったそうでした。

 

 

全国でも5%くらいで、名古屋でもない位の

最新の機械を使っている謳い文句でした。

 

 

しかし、彼女の治療というよりも、ほぼその商品の

宣伝といいますか、どこかのセールスマンの受け売りの様な

説明で、治療らしい治療がなかったとの事でした。

 

 

(彼女曰く、ほぼ話を聞くだけの時間に3000円払ったという…)

 

 

そして、極め付きは、保険の適用外で、

20~30万円はかかるとの事でした。

 

 

まず、患者の話を聞いてない点と、その治療ありき、

そして、最後には、次回は来ない事を察した途端に、

態度が変わったそうです。

 

 

こういう顧客の事を考えない所は、儲からないよね、

という話をしていたのですが、

 

 

そこから、彼女の過去の話に花を咲かせていきました。

 

 

以前、彼女と結婚していた旦那さんが、

彼女が、歯医者から帰ってくる度に、

「どうだった?」と、聞くそうでした。

 

 

理由は、彼女の歯医者での出来事が、面白かったからでした。

 

 

彼女の体は、とても繊細で、たとえ、

歯磨きをしていても、5分も経たないうちに、

 

 

「オエッ!」

 

 

と、嗚咽をしてしまうので、それ以上は、

長く磨き過ぎない様に、気を付けています。

 

 

しかし、歯医者の時に、他人に舌を触られる時は、

自分ではどうしようもなく、

 

 

「オエッ!」

 

 

と、反射的に体が反応してしまうそうです。

 

 

よく病院でも、下の状態をチェックする時に、

医者が使う器具があると思いますが、

 

 

それが、少しでも彼女の舌に触れてしまうと、

 

 

「オエッ!」

 

 

と、嗚咽してしまうそうです。

 

 

それが元で、彼女が通ったクリニックで、

何人もの歯科医が、彼女を治療しようにも、

 

 

「オエッ!」

 

 

となってしまう、彼女の嗚咽にお手上げ状態でした。

 

 

最終的には、そのクリニックの最後の砦ともいえる

院長が登場し、なんとか嗚咽をせずに治療が出来ました。

 

 

しかし、その院長は、VIPしか相手しないので、

何度も、お世話になる事は叶わず、終いには、

そのクリニックの、ブラックリストになったそうです。

 

 

この話を傍から聞きますと、かわいそうという声が

聞こえそうですが、彼女の嗚咽を聞くと、

そうは思わなくなりました。

 

 

実際に、彼女が、嗚咽をするとどうなるのか、

デモンストレーションをしてくれたのですが、

 

 

「オエッ!」

 

 

と、なっている姿が、なぜか笑えたのです。

 

 

「どこかで見た事がある気がする…」と、

デジャブを感じましたが、思い出したのが、

 

 

ジミー大西さんでした。

 

 

ジミー大西さんは、明石家さんまさんの、付き人から、

それがキッカケでテレビ出演し、その天然さでブレイクした、

元祖天然キャラともいえる、お笑い芸人です。

 

 

よく、ジミー大西さんも嗚咽をするのですが、

 

 

「オエッ!」

 

 

となっている感じが、彼女の嗚咽とそっくりなのです。

 

 

彼女が、少し舌に触れただけで、嗚咽している姿が

ジミー大西さんと被るので、お腹を抱えて笑ってしまいました。

 

 

彼女の旦那さんも、彼女が再現した、

嗚咽の話を楽しみにしていたのも、納得がいく完成度です。

 

 

彼女自身は、狙ってわざと嗚咽をしている訳ではなく、

本人にとっては、いたって真面目な話です。

 

 

しかし、周りから見たら、どうも笑いを誘ってしまう、

 

 

「オエッ!」

 

 

で、しかもジミー大西さんの様な嗚咽なのです。

 

 

ひょっとしたら、ブラックリストに入ってしまった

クリニックの歯科医も、笑いを堪えていたのかもしれません。

 

 

(今、ブログを書きながら、つい思い出し笑いをしてしまいます。)

 

 

ちなみにですが、これから色々なクリニックを探すという事です。

 

 

彼女の嗚咽というワナをかいくぐり、治療が出来る

腕の立つ、歯科医に出会える事を願っています。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。

 

(↑↑↑ブログが、いいね!と思った方は、読者登録ボタンをクリック。)