まる。っとぶろぐ

Create Of My Dynamic Life

「ドコモ口座」を巡る預金の不正引き出し事件

 

 

 

まる。です、

 

 

ここ最近、「ドコモ口座」の不正引き出しの事件

大きなニュースになりました。

 

 

「ドコモ口座」の事件とは、預金者の口座番号を

入手した何者かが、勝手にその情報を、ドコモの口座に

開設して、銀行からお金を移し替えていた事件だそうです。

 

 

(ドコモ口座とは、NTTドコモの電子決済サービスの名称。)

 

 

手口としては、フィッシングや闇サイト、

例えば、銀行の偽のサイトを作り出して、

被害者の銀行口座や暗証番号、生年月日など、

 

 

個人情報を盗み出し、被害者になりすまして、

ドコモ口座を開設、

 

 

そこから、銀行の口座と連携して、お金を移して、

商品の購入なり、なんらかの形で、使われていた

という経緯だそうです。

 

 

9月9日の時点で、約1200万円の被害が確認されています。

 

 

この事件を、恋人と話していたのですが、

恋人も、過去に不正利用されていた経験が

ある事にビックリしました。

 

 

今回の事件とは、異なりますが、架空請求の類でした。

 

 

彼女曰く、請求書を見てみると、使ってもいないのに

5万円が引かれていたので、確認してもらった所、

返金の対応をしてもらいました。

 

 

しかし、過去の履歴をさらに確認した所、

以前も、同じ5万円を引かれていたのでした。

 

 

(残念ながら、過去の不正利用は一定の期間が過ぎると、

返金対応が出来ないとの事でした。)

 

 

この出来事で、彼女は請求書をきちんと

確認する様になりましたが、今でも偽のメールが

来たりするので、厄介さを感じました。

 

 

今は、ドコモのdポイント払いやメルカリのメルペイ、

Appleのアップルペイがある様に、

 

 

簡単に、銀行の口座と連携できるサービスがあります。

 

 

スマホで容易に支払えるが出来る分、

個人情報が漏れやすいリスクがあります。

 

 

いつどこで、誰が、私たちの情報を手に入れて

不正に利用されるのか、わかりません。

 

 

ドコモという大手の通信企業にしろ、

セキュリティに問題が起きる可能性もあります。

 

 

(話によると、ドコモユーザー以外の人でも、

登録が出来る様に、門戸を広げていたという事で、

それも事件が起きた一因だったのかもしれませんが。)

 

 

私たち自身の手で出来る限りの事をして、

守りを強くする事も大事でしょう。

 

 

例えば、個人的にやっている事で、

ポイントカードを持たない様にしています。

 

 

料金を支払えば、何パーセントのポイントが増えて、

得をする感覚があるのかもしれませんが、

その見返りに、私たちの個人情報を企業に渡す事になります。

 

 

なので、Tポイントやdポイントなどの

ポイントカードやメンバーズカードは

作らない様にしています。

 

 

(無駄にモノを持ちたくない性分もあると思いますが。)

 

 

また、クレジットカードもそうです。

 

 

これは、銀行の口座とつながっていますし、

多くても1枚~2枚の所持が限度だと思います。

 

 

しかも、怖い事に、自分の預金以上のお金を

借りる事も可能なので、もし、不正利用されたときに、

莫大な請求をされる事もあり得るのです。

 

 

なので、私自身、カードを使うにしても、

デビットカードしか使わない様にしています。

 

 

他にも色々な手段がありますが、

不用意に個人情報の登録はしない事が

自分たちの手で守る手段だと思います。

 

 

後は、普段から、明細や請求書、家計簿など、

お金の管理をしておけば、たとえ、被害に遭っても

すぐに気づいて、対策もする事が出来るでしょう。

 

 

今回、ドコモに過失はあったと思いますが、

私たち自身にも、至らなかった所がなかったのか、

わが身を振り返る事も大切だと思います。

 

 

自分たちの手でも出来る限り、守れる様にしていきたいですね。

 

 

ありがとうございます。

 

 

まる。